横浜 占い専科 沙羅天秋の幸せ鑑定室

【緊急 再掲載】2018年 新年の言葉

以下の記事は、年初に新年の言葉として掲載しましたが、新年のあいさつとしては不吉な内容を含んでいるためすぐに削除しましたが、やはり私の預言どおりになってきていますので、「警鐘の意味」をこめて再度掲載しておきます。

 

天秋です。

 

明けましておめでとうございます。

 

「新年のことば」を書きましょうかということで、内容を考えていたところ、

 

私の指導霊から、ご霊示を頂きました。

 

内容が、あまり明るいものではないので公開を、ためらいましたが

 

それですと今度は、指導霊に申し訳ないので一応、お伝えすることに致します。

 

暗い話は聞きたくないという方は、いますぐサイトを閉じてくださいませ。

 

さて、2018年は九星気学で「九紫火星」の年です。

 

火星ですから、世の中に五行でいうところの火行の気が回ります。

 

もうすでに九星の象意が去年から出始めており各地で火災が多くなってきておりますが、今年は、火の取り扱いに、ご注意ください。

 

特に、ご自身の本命星が一白水星、六白金星、七赤金星、そして九紫火星の方は要注意です。(本命性はこちらで確認いただけます)

 

ちなみに中高年以上の方には、ご記憶があるでしょうが、あのホテルニュージャパンの悲劇があった昭和57年は九紫火星でした。

 

世の中は経済全般から見ると好景気でなので、去年から、相変わらず楽観ムードが漂っておりますが何らかの災害が起きる前から、適切な用心をし防災準備等を始めようとすることは、自分自身を守りチャンスを掴むために、非常に大切な心がまえとなります。

 

社会人の方は、家庭に非常袋を備えておくことはもちろん、会社のビルや駅からどのように避難するか「避難経路」を、あらかじめ調べておくとイザというときに慌てなくてすみます。

 

現代はいつ大地震や戦争が起きてもおかしくない時代です。

 

「天は自らを助けるものを助ける」

 

今年は、上記の教訓を踏まえて「自助努力」するものが、繁栄のきっかけを掴む年になるでしょう。

 

ありがとうございます。

 

2018年 元旦 

 

沙羅天秋 拝

10月17日 緊急企画 天宮一号はどうなるか日本への影響は?

 

近未来を読む

 

中国の打ち上げた宇宙ステーション「天宮一号」がコントロールできなくなり地球に落下することがわかりました。

 

しかも、いつどこに落下するのか、わからないようです。

 

毎日新聞:「天宮1号」制御不能、地球落下へ 
https://mainichi.jp/articles/20171014/k00/00e/040/170000c

 

さっそくタロットで占ったところ、コントロール不能といわれておりますが、どうやら何らかの対策がとられるようで、最終的に「太陽」のカード(上図)が出たので、甚大な被害は免れることになりそうです。

 

もちろんタロットを使った予想なので科学的な根拠は提示できませんが、マスコミにもあまり取り上げられていないのでおそらく大丈夫だと思います。しかし近い将来、なにか起きる感じがするので、前にもいいましたが防災グッズや食料の準備だけは早めにしておいた方がいいでしょう。

 

スポンサーリンク